01:医学生向け実習・見学02:高校生向け一日体験03:奨学金・関連活動申込フォーム/実習・見学申込フォーム/一日体験申込フォーム/その他
03:奨学金・関連活動
お知らせ奨学金制度
2019年度医学部受験対策
模擬個人面接

● 東京健生病院(文京区) 東京都文京区大塚4-3-8
10月24日(水)、11月6日(火)・28日(水)、12月19日(水)
2019年1月12日(土)、1月23日(水)
● 大泉生協病院(練馬区) 東京都練馬区東大泉6-3-3
10月29日(月)、11月7日(水)、12月10日(月)


※いずれの病院でも 平日18:00~19:30 土曜日13:30〜15:00(予定)

←PDF表示します


申込締切:開催日から土日祝日を除く10日前

お申し込みはフォームからお願いします。

「面接本番に向けた準備がしたい」「第三者からのアドバイスが欲しい」「場数を踏みたい」...
医学部合格を目指すあなたを応援します!お気軽にお申込みください!
面接官は、病院人事担当職員(管理・役員)が行います。


対象:2019年度医学部受験予定者


定員:1回あたり3人まで


参加費:無料


主催:東京保健生活協同組合


医学部をめざす受験生応援企画!
模擬グループディスカッション面接

日程:2018年10月13日(土)
時間:14:00~16:30
場所:東京健生病院(文京区) 東京都文京区大塚4-3-8

アクセス:
・JR 「大塚駅」南口より徒歩約15分
・地下鉄丸ノ内線「新大塚駅」2番出口より徒歩約10分
・地下鉄三田線「千石駅」A4出口より徒歩約15分


←PDF表示します


申し込み締め切り:10月5日(金)必着

お申し込みはフォームからお願いします。

東京保健生活協同組合では、医学部・薬学部・看護学部(大学・短大・専門)を受験予定の学生さんを対象に、模擬グループディスカッションを企画しています。
実際の面接試験のように、初対面の方とのディスカッションを実践で体験できる機会です。ぜひ、受験にお役立てください。


対象:医学部・薬学部・看護学部受験予定の 高校3年生、予備校生、社会人の方


定員:10名 開催最低実施人数5名


費用:無料


主催:東京保健生活協同組合


高校生・予備校生リピーター企画第6弾
「医師と高校生がつくるCase Conference」
TOKYO MINIREN 高校生 Work Shop 2018 11・23

日程:2018年11月23日(金・祝日)
時間:14:00~17:00
場所:東京民医連 研修センター ラパスビル3F
(豊島区) 東京都文京区南大塚2-33-10

アクセス:
・JR 「大塚駅」より徒歩約10分
・地下鉄丸ノ内線「新大塚駅」より徒歩約10分


←PDF表示します


申し込み締め切り:11月22日(土)必着

お申し込みはフォームからお願いします。

内容:
医師と高校生がつくるケースカンファレンス
★実際の症例を通して主治医になって患者さんにとっての最良を考えるワークショップです。
★医学生との交流もあります!
TIMETABLE
13:45 開場、受付開始
14:00 開会、ワークショップ
16:00 医師・医学生との交流会
17:00 終了予定


対象:医師を目指す高校生・予備校生
東京民医連内事業所で医師体験をした方


講師:栗原 惇 医師(みさと健和病院研修医)


参加費:無料


前回の参加者の感想:
●医学生の事を色々と知れたし、周りの高校生の先輩からも沢山話が出来たので嬉しかったです。同じ夢を持った人達が集まった事で、深い話が出来ました。また、ワークショップをすることで、医師とはどんなお仕事をするのかどうやったら患者さんに寄り添えるかが理解できました。
●色んな意見が出てきておどろきの連続でした。少し見方を変えると色々なメリット・デメリットが出てきてこうすれば良いなどの意見が出てきてとても楽しかったです。医療には担当する医師だけではなくその当事者や地域が一丸となって治療にあたるということを改めて確認しました。


主催:東京民主医療機関連合会(東京民医連)


お知らせ奨学金制度
東京民主医療機関連合会 | 医学部奨学金制度のご案内

みなさんの「医師」になる夢をかなえたいという思いから、
東京保健生活協同組合 医師部では
東京民主医療機関連合会(民医連)の医学部奨学金制度
ご案内しています。


制度のお問い合せは大泉生協病院 医学生室(嶋田・大野)まで。

東京民医連に加盟するおもな医療機関
立川
相互
病院
東葛
病院
代々木
病院
中野
共立
病院
みさと
健和
病院
大田
病院
東京
健生
病院
小豆沢
病院
王子
生協
病院
柳原
病院
月額 全学年:80,000円
本制度の趣旨 民医連の理念と医療活動に共感し、実践する医師の養成、また、地域や患者さんをとりまく状況をとらえ、患者さんの立場にたった医療をすすめる医師の養成を目指しています。
対象 医学部在学の方で、本制度の趣旨をご了承いただいた方。
手続き 上記医療機関を窓口に、制度の説明、病院での実習を経て、面接を行います。
返済免除制度 臨床研修期間終了後、上記医療機関(または指定の医療機関)での勤務期間に応じて、返済を免除します。
※ 奨学金の支給月数=免除勤務期間とお考えください。
返済 受給期間終了後、一括または割賦にて返済とします。
※一括返済は無利子、割賦返済は年利2%となり、返済期間は最長6年となります。
その他 日本学生支援機構(日本育英会)との併用は可能です。民医連ロゴ
ページトップ
医学生・高校生向けご案内