総合内科医・家庭医療学ということ


総合内科医コース   ○呼吸器コース   ○腎・透析一般コース

家庭医療学コース


総合内科医コース

総合内科医の医師像:
  総合診療を実践し、一定のサブスペシャリティーをもって、後継者を育成し、研究成果を生み出す医師をめざします。(病院の病棟医長を担える医師になる)

【研修場所】
  病院:東京健生病院、大泉生協病院
  診療所:根津診療所、大塚診療所、江戸川橋診療所
  介護:介護老人保健施設ひかわした

【期間】
  3年

【内容】
(1) 3年間の中で、以下のものを必須とし、その他の内容を選択する。
    病院では病棟医療・外来(小児科を含む)・当直・救急医療(2次救急まで)・健診(診察)、
    診療所では外来・往診、老人保健施設では1日施設長を行う。 初期研修医や医学生の指
    導を適切に行うことができるようになる。
    医療生協活動に積極的に参加する。
(2) 3年間を通して、病院外来単位を1単位、診療所単位を外来又は往診で1単位をもつ。
(3) 3年の研修期間のうち6ヶ月を大泉生協病院で研修することを原則とするが、希望により2年間
    まで延長することができる。
(4) 小児科外来については、大泉生協病院で研修する。
(5) 研修期間中に内科認定医レベルを確実に修得し、内科他各種専門医レベルを目指す。

<1年目> 病棟を中心に総合内科研修担当患者10名程度、病院で週1単位の一般内科外来、救急外来、 当直の研修をおこなう。診療所での週1単位、外来もしくは往診。

<2年目> 1年目と同様のスケジュールの中で、緊急入院の対応を含む救急医療の比重を高め、診療所で の往診の経験も可能。

<3年目> 2年目の内容の継続に、病棟や各種委員会での責任者なども経験する。

<研修方法> 3年間を通してメンターが研修のコーディネータや3ヶ月ごとの目標設定を援助。3年目の後半は研修医だけで目標設定ができることを目指す。

<評価> 3ヶ月ごとに360度フィードバックを用いた形成的評価を行う。 1年ごとに研修成果発表会を行う。 外来、在宅では研修医が担当している患者を時々指導医も診察する形でのピア・レビューを行う。後期研修期間中に内科学会認定医を取得する。

【年間スケジュール】

1年目 総合内科研修6ヵ月(病棟・病院外来・救急・当直 を含む)週1回診療所外来
大泉生協病院6ヵ月
2年目 総合内科研修12ヵ月(1年目の内容継続+緊急入院対応を含む)
週1回診療所外来もしくは往診
3年目 総合内科研修12ヵ月(2年目の内容継続+病棟・委員会等の責任者経験を含む)
週1回診療所外来もしくは往診
総合内科医コース(呼吸器コース)


【週間スケジュール例】
1年目

曜日
8:30〜   研修医回診
研修医勉強会
     
9:00〜 病棟 病棟 総回診 呼吸器回診 病棟・救急 (隔週)病棟
13:00〜 病院外来 気管支鏡 病棟・会議 診療所外来 研修日  
17:00〜 (第3)胸部CC 各種読影 各種カンファ 当直    

2年目

曜日
8:30〜   研修医回診
研修医勉強会
     
9:00〜 病棟 病棟 総回診 呼吸器回診 病棟 (隔週)
病棟・救急
13:00〜 病院外来 気管支鏡 病棟・救急・
会議
研修日 往診  
17:00〜 (第3)胸部CC 各種読影 各種カンファ   当直  

3年目

曜日
8:30〜   研修医回診
研修医勉強会
     
9:00〜 病棟 病棟・救急 総回診 呼吸器回診 病棟 (隔週)
病棟・救急
13:00〜 病院外来 気管支鏡 各種会議 研修日 往診  
17:00〜 (第3)胸部CC 各種読影 各種カンファ   当直  

1〜3年目
●各種カンファは、研修医カンファランスのほか、医局症例検討会、死亡症例の病理検討会(CPC)などを含む。
●当直は月1回程度平日以外の休日に行う場合もあり、必ずしも平日の週1回ではない。
●胸部CCは、外部講師を招いての症例検討会を行う。
●気管支鏡は見学に始まり、観察、処置と習熟度に応じた内容で実施して、3年間の間に生検を含むすべての処置の独り立ちを目指す。
●血管造影やCTガイド下肺生検査などの特殊な検査については気管支鏡の時間帯を利用して行う。
●読影はレントゲン写真に始まり、スパイロ、簡易型夜間睡眠ポリグラフの解析を順に開始して独り立ちを目指す。
●呼吸器回診では自らの症例の他、他の医師からコンサルトを受けた症例についても検討を行う。
●内科認定取得後は日本呼吸器学会の研修カリキュラムに沿って研修を続け、学会の専門医申請資格取得に必要な3年間以上の研修期間にあてる。
●必要に応じて近隣の専門施設のカンファランスや院外の研修会にも参加する。





総合内科医コース(腎・透析一般コース)


【週間スケジュール例】

曜日
8:30〜 研修医回診  
研修医勉強会
     
9:00〜 透析 病棟 総回診
(隔週)透析回診
(隔週)
透析回診
病棟 (隔週)病棟
13:00〜 病棟・救急 病院外来 抄読会
病棟回診
研修日 診療所外来
または往診
 
17:00〜 (第3)胸部CC 当直 各種カンファ      

●各種カンファは、研修医カンファランスのほか、医局症例検討会、死亡症例の病理検討会(CPC)などを含む。
●当直は月1回程度平日以外の休日に行う。
●腎生検、内シャント作成などは適時見学から開始。
●病棟では一般内科を行いつつ、腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全、電解質異常などの腎内科特有の疾患を多く担当する。3年間の研修で、腎疾患の基本的なコーディネートができることを目標とする。入院している透析患者は内科疾患の場合はその入院疾患名にかかわらず一応の対応ができることを目標とする。
●透析回診(1回時間程度)では、透析患者の問題点を他の腎透析科全医師と相談し治療法を検討する。
●当院ではアフェレーシスも当科が担当しており必要な知識と技能を身につける。
●日本腎臓病学会、日本透析医学会、日本アフェレーシス学会、全国腎疾患懇話会などに積極的に参加し知識の向上に努める。
●腎臓内科はその臓器にとらわれない横断的な医学知識も求められるため、総合科として各科の医師と連携、胸部CC、消化器CCなど各科のカンファレンスにも積極的に参加する。院外の研修会にも参加し、必要時は他院と共同して研修を行う。



家庭医療学コース 

家庭医療学の医師像:
人間と家庭と地域とを統一体としてとらえる医療を求めて、それを実践する家庭医をめざします。(診療所の副所長を担える医師になる)

【研修場所】
  病院:東京健生病院、大泉生協病院
  診療所:根津診療所、大塚診療所、江戸川橋診療所
  介護:介護老人保健施設ひかわした

【期間】
  3年

【内容】
(1) 3年間を通して、月に1回、同じ班会に参加します。その班のある地域の地域診断を行う。
    病院では病棟医療・外来(小児科を含む)・当直・救急医療(2次救急まで)・健診(診察)、
    診療所では外来・往診、老人保健施設では1日施設長を行う。 初期研修医や医学生の指導を
    適切に行うことができるようになる。
    医療生協活動に積極的に参加する。
(2) 3年間を通して、月に1回、研修指定診療所の事業所利用委員会に参加する。その診療所の
    診療圏のニーズ分析を行う。

<1年目>病棟を中心に総合内科研修担当患者8名上限、病院で一般内科外来、救急外来、当直の研修を行う。
週1単位の診療所の外来を担当する。

<2年目> 病棟を中心に総合内科研修担当患者10名上限、週2単位の診療所外来と週1単位の往診を担当します。病院で一般内科外来、救急外来、当直の研修を行う。病院または診療所の健診の診察、総合判定、結果説明を担当、保健学校の講師を担当。

<3年目> 3ヶ月の小児科研修と3ヶ月の選択研修 最後の6ヶ月は診療所を中心に研修、診療所から入院となった患者を診察。

<研修方法> 3年間を通してメンターが研修のコーディネータや3ヶ月ごとの目標設定を援助、3年目の後半は研修医だけで目標設定ができることを目指す。

<評価> 3ヶ月ごとに360度フィードバックを用いた形成的評価を行う。 1年ごとに研修成果発表会を行う。 外来、在宅では研修医が担当している患者を時々指導医も診察する形でのピア・レビューを行う。 後期研修期間中に内科学会認定医を取得する。

【年間スケジュール】

1年目 総合内科研修12ヵ月(病棟・病院外来・救急・当直 を含む)
週1回診療所外来
2年目 総合内科研修12ヵ月(1年目の内容継続+緊急入院対応を含む)週1回診療所外来もしくは往診
健診(診察・総合判定・結果説明)、保健学校講師
3年目 大泉生協病院6ヵ月(小児科研修3ヶ月を含む)週1回診療所外来もしくは往診
健診(診察・総合判定・結果説明)、保健学校講師

【週間スケジュール】(すべて診療所)

 
午前 外来 外来 外来 外来 外来 外来
午後 研修日 往診 健診判定等 選択 往診