ニュース&トピックス

介護の現場から…ライフデザインノート 〜最後まで自分らしく〜
介護部長
齊藤 恵子

今年の総代会方針で、医療福祉生協のライフデザインノートの普及と学習を提案しています。
ライフデザインノートは、「これからの人生をいきいきと生きる」ことを考えるために活用していただくものです。「わたしの覚書、年表、あゆみ」で自身の人生を振りかえり「現在のわたし」の暮らしを記録し、「これからのわたし」では介護が必要になったとき、どこで、どのような介護を受けたいかを考え、書き記すものです。
認知症や障害で、判断能力が低下した時に、財産管理をだれに託すのか。家族や親族に頼める人がいない場合にはどうしたらよいか。終末期の医療や延命治療についても、元気なうちに考えておくことが大切です。さらに「わたしの葬儀」についても考えていきます。最後まで自分らしく生きるために、元気なうちに考え自分の気持ちや希望をライフデザインノートに記録していきます。

よみせ通りいこいの家ハピネス教室では認知症とライフデザインノートの活用を学習しています。病気や介護、お葬式のことなど、一人で考えていると暗い気持ちになりがちですが、みんなでワイワイ話していると「誰でも年をとるし認知症になる可能性もある」と再確認します。
また、参加者が経験した介護や看取りを通じて、さまざまな人生感を知ることができます。自分らしい人生を送るために準備しておくべきことを考える機会になっています。