ニュース&トピックス

すこしおクッキングレシピ…春キャベツのごま味噌和え
介護老人保健施設ひかわした
管理栄養士 中田 奈穂 ・ 調理師 大沼 影賢

一年中当たり前のように店頭に並ぶキャベツですが、出回る季節によって「冬キャベツ」「春キャベツ」「夏キャベツ」と種類があり、それぞれに違った味わいや食感を楽しめます。
11月から3月頃に出回る冬キャベツはずっしりと重みがあり、葉の巻きがしっかりして、甘みが強いのが特徴で、ロールキャベツなどの煮込み料理に適しています。
それに対して3月から5月頃にかけて出回る春キャベツは、葉の巻きがゆるくてやわらかく、みずみずしい味わいが特徴で、生のままや、さっと湯がいて食べるのに適しています。

今回は、そんな春キャベツを使った「キャベツのごま味噌和え」のレシピをご紹介します。
折角の春キャベツですので、生のままか、しゃきしゃきの食感が残るようにさっと湯がいて使うのがポイントです。また、大葉やゴマを使うことで風味が増し、少ない塩分でも美味しく召し上がって頂くことができる一品になっています。

春キャベツのごま味噌和え 熱量43キロカロリー/人 食塩相当量0.5g

〈材料・2人分〉

キャベツ 人参 きゅうり 大葉 A
味噌 しょうゆ 上白糖 すり白ごま
80g
(外側の葉だと
2枚程度)
20g
(中1/4本)
20g
(中1/4本)
2枚 6g
(小さじ1)
2g
(小さじ1/3)
2g
(小さじ2/3)
6g
(大さじ3/4)

〈作り方〉

  1. キャベツは0.5cm幅にカットし、お好みでしゃきしゃきの食感が残るようにさっと湯がく。
  2. 人参、きゅうり、大葉は千切りにし、人参はお好みのかたさに茹でておく。大葉は水にさらしておく。
  3. Aの材料を混ぜ合わせ、(1)(2)の野菜と合わせて器に盛り付ける。