ニュース&トピックス

第7次中期構想2年目スタート
東京保健生協第7次中期計画
(ヘルスプロモーションのあるまち〜すこやかにいきる〜)の
二年目の今年は8つの重点課題に取り組みます
  1. 憲法を学び、憲法9条を守る取り組みを進めます
    新しくなったKPPバッヂ
  2. HPH活動では「すこしお」「フレイル予防」「認知症対応」を重点とします

    フレイル予防いこいの家ハピネス教育
  3. 組合員どうし、組合員と地域住民の関係を強め、つながりづくりをすすめます
    地域に班をたくさんつくりましょう
  4. 1.4億円の経常剰余を確保します
  5. 医師、看護師、介護職員の確保と、働き続けられる職場をつくります
    「働き方改革」にもとりくみます
  6. 医療・介護情勢を見極め、病院機能の役割りと機能変更の検討を行います

    在宅支援機能をさらに強化します
  7. 「設備投資は出資金で」を合言葉として2.4億の出資金増やしを目指します

    新しいMRIの利用者が増えています(大泉生協病院)
  8. HPH健康いきいきフェスティバル2018(12月2日)を成功させます

    ほくと医療生協健康文化会と共催してとりくみます
※詳細は2018年総代会議案に記載しております