ニュース&トピックス

薬の話…後発医薬品ってなに?
ひがし大泉薬局
薬剤師 坂井 亜子

医療機関を受診した際、医師の診断によって処方される薬を医療用医薬品と言います。医療用医薬品には、先発医薬品と後発医薬品の二種類があります。

先発医薬品は、最初に発売された薬で新薬とも呼ばれ、これはある程度の歳月と莫大な費用をかけて開発されるため、特許の出願より以降、一定期間その薬を独占的に製造・販売する権利が与えられます。しかし、特許期間が過ぎると、その権利は国民の共有財産となり、他の製薬会社から、同じ有効成分を使った薬を製造・販売することが出来ます。それが、後発医薬品(ジェネリック医薬品)です。後発医薬品は新薬に比べ、開発期間や開発費が少ないため、価格が安いことが多く、かつ新薬と同じ成分・効き目があり、品質・有効性・安全性について厚生労働省の承認を得て、製造・販売されています。加えて新薬の発売後、しばらく経過してから販売されるため、錠剤が小さい、苦味を改善して服用しやすくする等、大きさや形状が工夫されているものもあります。高血圧・糖尿病等の生活習慣病の薬を、長期服用する場合には、薬剤費負担の軽減になることがあります。

色々な病気の後発医薬品がありますが、漢方薬等後発医薬品のない薬もあります。今服用している薬を、後発医薬品に変更できるか、医師や薬剤師に相談してみましょう。