ニュース&トピックス

支部紹介…小日向関水支部
支部長 広瀬 紀代美
毎年年間約300件の誕生月訪問を続けています

小日向関水支部は、小日向・水道・関口を担当地域としています。
組合員数560余名、虹のかけはしさん20名、支部運営委員7名で構成。そして7つの班があり「元気で、楽しく」をモットーに活動しています。
7月の暑い日、カラオケ班会を久しぶりに行いました。思いっきり声を出し、暑さもなにも吹き飛ばし爽快。特に95歳になる組合員さんの声がよく出て、言葉がはっきりとしていて、みんなビックリ。元気をもらいました。歌うことは健康のもとと、改めて感じた一日でした。
ほかのそれぞれの班会も、参加人数が少なくても、まず集まって健康チェック。それからおしゃべり。健康のこと、家族のこと、なんでも思いついたこと、政治の話もします。おしゃべりってとても大事!
支部は、組合員さんの誕生月訪問を毎月行っています。組合員さんとのつながりをもっと広げたい、お互いが見える関係が作りたい、というみんなの思いがきっかけで取り組んで4年になります。年間約300軒の組合員さんの訪問を続けています。支部の大きな財産です。このことを力に「つながりマップの活用・応用の具体化」につなげていきたいと、話し合っています。支部創立以来の活動目標である「健康で安心して暮らせるまちづくり」をめざします。


老健でのバザーにて