ニュース&トピックス

介護の現場から…
ケアマネジャーは人生マラソンの伴走者
介護事業部
齋藤 惠子

今年の介護保険制度改定では「医療と介護の連携強化」が強調され、連携のかなめの役割がケアマネジャーに求められています。訪問介護事業所は利用者の服薬、口腔機能等の状況をケアマネジャーに報告すること、それを受けて、ケアマネジャーは主治医、歯科医師、薬剤師等に必要な情報を伝えることが義務づけられました。利用者が入院した際には担当ケアマネジャーの氏名を医療機関に伝えることを依頼することも義務となりました。入院時には、利用者の同意のもとに利用者情報を医療機関に提供することも求められています。
医療と介護が連携して、利用者中心のサービス提供がされることを目指しています。利用者にとって自分が望む生活の実現を援助してくれるケアマネジャーとの信頼関係がますます大切になってきます。時々相談されるのは「ケアマネジャーが希望をあまり聞いてくれない、契約したから我慢している」というものです。ケアマネジャーは「利用者の自立支援に資するサービス提供」を視点におき、利用者の希望通りにケアプランを作成するものではありませんが、意見が一致しない時には、なぜそのサービスを入れないのか、あるいは行きたくなくても通所サービスに行く方が良いのか利用者の理解を得ることが必要です。
契約だからと我慢して利用する必要はありません、ケアマネジャーを交代または別の事業所に変更することもできます。交代を考える前に要望や説明不足で理解できないことを伝えることで利用者の希望が理解され信頼関係が深められることもあります。利用者の生活に寄り添い希望する生活を叶えるよう務めるのがケアマネジャーの役割です。時には意見が違うことがあっても利用者の自立支援を何より大切に考えているケアマネジャーは人生マラソンの伴走者であり、いざという時には最強のサポーターです。より良い信頼関係でお付き合いをされることをお勧めします。