診療科目

内科

一般内科

一般内科

一般内科は、内科系疾患全般を幅広く診ることを基本とし、病気になった際は最初に患者さんが受診する診療科でもあります。
「生活習慣病」と呼ばれる糖尿病、脂質異常症、高血圧、高尿酸血症(痛風)などについても、薬物治療のみならず合併症の検索、 食事や運動などの生活指導を行いながら 治療しております。
必要に応じて消化器、循環器、糖尿病、神経、腎臓等の内科系専門診療科あるいは外科系診療科への橋渡しを行う総合診療を行っています。


循環器内科

循環器内科

生命の源である「心臓」と、その心臓から送り出される血液の力ともいうべき「血圧」、 更に心臓と全身の臓器や組織を繋いでいる 「血管」に対する診療を担当するのが循環器内科です。
高血圧症、狭心症、心筋梗塞、不整脈、心筋症、心臓弁膜症、心不全、閉塞性動脈硬化症などの循環器疾患の診断と治療を行っています。

当診療所では、心エコー検査、頸動脈エコー検査、24時間ホルター心電図、動脈スティフネス(CAVI)、閉塞性動脈硬化症検査(ABI)、睡眠時無呼吸症検査などが行えます。


消化器内科

消化器内科

消化器内科とは食べものが入ってから出るまでの臓器(食道、胃、小腸、大腸)とそれに連なるだ液腺や肝臓、 すい臓、胆のうなど広い領域に関する病気について、治療を行う内科です。
病気の種類も良性の潰瘍から癌、あるいは緊急性を要する胆管炎や消化管出血から、経過の長い慢性肝炎や肝硬変のようなものまで非常に多彩です。
当診療所で行える検査には胃内視鏡検査、胃バリウム検査や腹部エコー検査などがあります。


糖尿病

糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があり、両者ともインスリンという血糖を下げるホルモンの作用不足のために起こりますが、前者は、自己免疫的な機序によりインスリン分泌が枯渇することで起こるタイプで、治療にはインスリン注射が絶対的に必要になります。 後者(2型糖尿病)の多くは、運動不足や食生活などの日々の生活習慣の蓄積により発症しますので、生活習慣の改善が第一です。その上で治療薬を必要に応じ利用していきます。治療薬には、飲み薬からインスリン注射剤、GLP-1アナログという注射剤など様々なものがあります。

当外来では、血液検査などで病態をきちんと評価しながら、病期に応じた適切な薬剤を選び、きめ細かい治療を行っています。もちろん、治療を決めるに当たり、患者さんの希望や悩みにも耳を傾けながら、相談しつつすすめています。患者さんそれぞれに日々の生活があっての糖尿病治療であり、一人一人に応じた、きめ細かい医療を提供することが必要と思うからです。それにより、心筋梗塞や脳梗塞、失明、透析を要する腎機能低下などきたさずに、患者さんの健康寿命を長くすることができたらと考えています。


禁煙外来(予約制/菊坂診療所のみ)

準備中・・・


東洋医学(本郷診療所のみ)

西洋医学とは異なる東洋医学的診察法(問診、舌診、脈診など)を駆使して皆様の体調不良の原因にせまり、保険収載された漢方エキス製剤を適宜組み合わせて治療を行います。「体調が悪くて検査を受けたが特に異常はないといわれた。」「西洋医学の治療を受けているけど症状が改善しない。」などの御経験のある方、是非一度当外来に足をお運び下さい。尚、対象となる疾患は多岐に渡りますが、以下に主要なものを列挙いたします。

急性・慢性胃炎、急性・慢性下痢、過敏性腸症候群、便秘、易感冒症、感冒、慢性咳嗽、病後の疲労回復、全身倦怠感、頭痛、湿疹、月経不順、月経痛、月経前症候群、更年期障害、冷え性、膀胱炎症状、夜間頻尿、不眠症、花粉症、アレルギー性鼻炎、めまい、メニエール症候群、腰痛、肩こり、こむら返り、肩関節痛


▲このページのトップへ戻る

在宅医療(在宅療養支援診療所)

在宅医療

1970年から在宅診療を開始し、文京区内で、現在約90名の方にご利用いただいております。

当初、通院が困難になられた方へこちらから訪問をはじめ、最近では、在宅レントゲン、在宅エコー等も準備し、施設からご自宅へお帰りになられた方、 病院から在宅医療を期待してご自宅へお帰りになられた方々も増えてまいりました。

退院前に病院の主治医との相談・引継ぎを行い、在宅医療へ転換された方、また、大学病院の主治医と在宅医療の主治医と二人主治医制で関わらせて頂いていらっしゃる方、 整形外科は病院で内科は在宅医療でという方など、さまざまな形に対応いたしております。

ご自分の生活に適した形、今のご病気にふさわしいシステムをオーダーメイドで対応させていただきます。

大学病院での経験の豊富な医師のほか、24時間対応システム、後方支援病院などが、あなたとご家族の在宅医療・在宅介護をサポートいたします。

在宅医療Q&A

在宅療養支援診療所とは?

・保険医療機関たる診療所であること
 
・24時間連絡を受ける医師又は看護職員を配置し、連絡先を文書で患家に提供していること
 
・当該診療所において又は別の保険医療機関の保険医との連携により、患家の求めに応じて24時間往診可能な体制を確保し、往診担当医の氏名、担当日等を文書で患家に提供していること
 
・当該診療所において又は別の保険医療機関、訪看ST等の看護師等との連携により、患家の求めに応じて、当該診療所の医師の指示に基づき24時間訪問看護の提供が可能な体制を確保し、訪問看護の担当者の氏名、担当日等を文書で患家に提供していること
 

在宅医療とは?

医師と看護師が、「患者さんの家」で行う医療です。診察室と同じように問診から始まって基本的な診察を行います。注射や検査を自宅で行うことも可能です。

いつでもすぐに来てくれますか?

当院は常時約60数名の方と「在宅時医学総合管理」の契約をしています。その時点でより病状のよくない方を最優先としますので、やむを得ず訪問看護・往診をお待ちいただく場合や、救急車の要請・他の医療機関受診をおすすめする場合もあります。

「訪問診療」と「往診」の違いは?

「往診」とは、急に熱が出た、胸やおなかが痛くなったなど、予期せず具合が悪くなった場合に自宅を訪問して診察するものです。これに対して「訪問診療」とは、事情により通院が困難な方を対象にあらかじめ訪問日時を決めて、計画的・定期的に自宅を訪問して診察するものです。

お薬はもらえますか?

外来受診時と同じように、必要に応じて院外処方せんを発行し、調剤薬局で薬をお求めいただきます。 外出が困難な方や独居の方には薬の配達をおこなう調剤薬局もあります。(配達料がかかる場合もあります)

医療費はどれくらいかかりますか?

1ヶ月にかかる医療費の自己負担額は月2回の訪問で約7,000円(1割負担の場合)です。そのほか臨時往診や注射・検査等を行った場合はその分の費用がかかります。 調剤薬局での薬代お支払いは、1ヶ月分の請求書を翌月の10日〜15日頃発行してご請求いたします。便利な口座引き落としもご利用いただけます。 (ほとんどの在宅患者さんが口座引き落としをご利用されています)

▲このページのトップへ戻る

  • 菊坂診療所
  • 本郷診療所
  • 西片あさひ訪問看護ステーション
  • 求人募集
  • お知らせ
  • 連携先医療機関